« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

今年初の・・・

今年初の・・・
桜@岐阜県各務原市です。

落ち着いてお花見できる世の中に、早くなればいいですね・・・

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

夜眠る街

震災後初めて東京入りしました。
仕事が忙しく、都内の親類邸に到着したのが23時前。

いつもなら遅い時間でも普通に開いているお店がことごとく閉まっていて、電車の本数も少なくて、まるで別の街に来てしまったかのような気持ちになりました。

東京が夜も眠らぬ街だったのが嘘みたい。
何かの資料で見たことがあるのですが、日本列島の夜景の衛星写真か航空写真。日本列島の形をしていました。世の中24時間営業をするコンビニが当たり前になって早20年・・・夜中でも煌々と明かりを照らしているのが当たり前でした。

でも、思うのは、いかに無駄遣いをしつづけていたのかしら、ということ。

ここぞとばかりにキャンドルライフを楽しんでいる人もわたしの周りにはたくさんいますが、街が一斉に計画停電に伴って無駄をなくそう、余計なことは削ろうとして協力したら案外計画停電なんてやらなくても何とかなっちゃうんじゃないかしら。

そんな気持ちにすらなります。

夏の暑い時期を迎えるときが一番の正念場にはなりそうですが。。

あの3.11以降、航空写真の夜景に大きな変化が見えるのでしょうね・・・。

| | コメント (0)

2011年3月21日 (月)

献血

久しぶりに献血に行きました。

ビックリしたのが、震災直後から献血に訪れる人が殺到して、在庫過多になっているとのこと。血液の使用期限は21日間だそうで、今は通常使用されるペースで換算するとその3倍あるのだそうです。善意って素晴らしい。

というわけで通常の献血をするなら数週間後に改めてほしいと言われたのですが、今日は体調もいいし、時間もあるので成分献血をすることにしました(成分献血は足りていなかったみたい)。

成分献血は待ち時間と検査も含めてトータルで2時間かかるのでよほど時間があるときじゃないとできないので、最近はやっていませんでした。でも赤血球は戻すので、200mlを年間24回もできます。5リッター近く自分の身体の組織を他者に提供できるって健康って素晴らしい!

今日は400mlやってきました。

でも学ランの高校生が、通常の献血は在庫過多で、まだ年齢制限で成分献血できず帰っていく姿はちょっと切なかったです。

また数週間後には必要になるから、献血しに来てくださいね。
それから、有事のときだけ、在庫過多になるのではなく、今回初めて献血にチャレンジされた方は、平時もぜひ献血に行ってください。献血できるのは、健康なときだけなのだから。その当たり前の健康をかみしめながら、お困りのどなたかの力になれればいいなぁと思った休日なのでした。

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

買い占め

ビックリしました。

愛知県内のホームセンターやスーパーでもじわりじわりと買い占めが始まっています。

実際北部で大きな地震があった長野県内や、東部で大きな地震があった静岡県内よりはマシですが・・・

計画停電が実施され、スーパーが空っぽ状態の埼玉には双子の赤ちゃんと幼稚園児の姪っ子が居て、生活用品が手に入りにくくなっているとの情報が。さらに水戸で被災した旦那ちゃんの両親のために、レトルトやインスタント食品を少しばかり送っておきました。

多分こういうことをする人が居るから品薄になる

でも、品薄になってホントに欲しい人のところにものが無くなっても困るので、買い占めは極力控えます。

被災地でないところができることって、限られているから。

にしても・・・
一般家庭だけでなく、仕事でも特需が出始めています。でもそれで助かる人が一人でもたくさんいたらいいなぁって思います。

製造と流通が不安定になると、こんなにも日常生活が混乱するんだなぁって実感する毎日です。

・・・バッタバタな一週間でしたが・・・
今後もしばらく続きそうです。

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

奇跡

奇跡って信じていいんですね。
奇跡って、奇跡って、本当にあるんですね。


今回の東日本大震災・大津波で町の人口の半数以上が安否不明となった南三陸町。

今勤めている会社の仙台営業所のスタッフの家族がその町で被災しました。

本人も仙台市で被災しており、避難所生活を強いられているため通信手段が限られてしまい、連絡が不可能な状況でした。

会社の皆で手分けして・・・
ネットの安否確認を使った人、
電話を100回以上もかけた人・・・(結局一度も繋がらない状態)。
どうしても情報が得られなくて。。

わたしも独自のルートでアプローチしてみたけれど、得られた情報はそれらしき人物の消息は不明という回答だけ。

場所が場所だけに絶望的でしたが、通信手段のない所に避難している人もたくさん居るのでその人達の中に居ればいいけれど・・・

と、一縷の望みを抱いてご家族の方が二次災害も覚悟で、南三陸町に入られました。

そしたらその一日半後。

なんと、ご家族と再会を果たすことができたのです!!

会社の皆で喜びを分かち合いました。
本当に、本当に良かった。
奇跡って信じていいんですね。

希望が沸いて来ました。

わたしたちは医療に関わる業界に居るので、特にナーバスになっていますが・・・
被災地に届けなくてはいけない食料品や医薬品が届かないということはよく報道されますが、必要とされている物品が行き届かないのがもどかしいです。

経口医薬品は水がないと飲めないです。
点滴が必要な人には、点滴バッグやポール、カテーテルや静脈留置針が必要なんです。
手術が必要な人には、清潔に保ちながら輸血も、メスも、縫合針や糸も、麻酔薬も麻酔用の気管内チューブも、薬液ポンプもシリンジも・・・まだまだたくさんのいろんな物品が必要なんです。

何より、明かりと水が欠かせません。衛生面での問題、使った物品の処理等の問題も出てきます。

それぞれの業界をあげて、このかつてない危機を乗り越えるべく、被災者のみなさんのためにできるいろいろを考えるのが大切だと、毎日感じます。
そして、ひとりひとりが自分の勤めを果たせば、それが被災者の皆さんにも必ずめぐりめぐって届く。

ちいさなひとつひとつの積み重ねは必ず大きな力になる。そう感じられる場面にたくさんたくさん遭遇します。

どうかこの寒さを、
この不便な避難生活を、
皆で乗り越えて、
そしてまだ安否がわかっていない多くの被災者の皆さんに、
ひとつでも多くの奇跡が起こりますように。

心からお祈りします。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

大地震

昨日の東北太平洋沖地震、大津波、未明に起こった中越北信地方の地震では、甚大な被害が出ています。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

わたしが地震の時間帯に仕事で居た岐阜県大垣市内も、ゆっくりとした揺れを感じました。
愛知県、三重県沿岸部の津波は最大で160センチを越えましたが、夜になり漸く津波注意報になりました。

この地震で父が出張中の福島県内で被災し、取り残されていますが、運よくライフラインが整っている場所に居るので、無理して動かないように指示してあります。
原発からはかなり遠いところに居るのでそれほど心配していませんが・・・
何しろ停電や道路や線路が寸断されていて交通網が麻痺しているので動きようがないのですが。。

地震発生当初、王子(旦那ちゃん)が出張中に神奈川県内で東海道新幹線に閉じ込められ・・・
川崎市内に居た王子の兄が帰宅難民となり駅前のマンガ喫茶で一晩を過ごし・・・
茨城県水戸市の王子の両親はライフラインが寸断されていた場所で一晩を過ごすことを余儀なくされ・・・
報道されている東京都町田市内のスーパーで従姉妹家族が被災し、車を残して避難し・・・
千葉県鴨川市の沿岸部で寿司屋を営む親戚が、津波を見たものの無事避難し・・・会社の同期がいる仙台でオフィスの全員の安否が確認できてホッとしたり・・・
こんなにもいろんな場所に居る身近な人達が被災していて、とても心配な気持ちになりました。強い余震が続いているのも気がかりです。

繰り返し流される映像もショックなものが多く、津波の恐ろしさを改めて思い知らされました。

親しいお客様が多数居る長野県内で、地震で崖が崩落して雪が積もった線路が宙に浮いている映像を見ていると気持ちが落ち着かないです。

テレビを見ていると緊急地震速報が次々と出て、揺れの映像を見ていると、何か力になれることはないかな?
自分が何か準備できることはないかな?

他人事ではなく考え、自分のこととして行動しなければ、と思います。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

20代最後の誕生日

二年連続、誕生日を長野県で迎えました。(夜は愛知に戻ってきました)

諸事情あり、ひとまず今年まで?になる予定ですが、先のことは誰にもわかりません。

そして今週の仕事の予定が決まっていくにしたがって出張先の天気予報は雪雪雪
来週の出張先も雪雪雪
やはりわたしは嵐を呼ぶ??

今朝も路面凍結でガ〜リガ〜リいいつつ、何度もスリップしながらも、どんどん前へ進みます。

これからの一年も、あちこち飛び回ることになるのでしょう。
毎日いろんなものを吸収して、エキサイティングになればいいですね!

お祝いのメッセージをくださった皆様に、お世話になった皆様に、感謝の気持ちをこめて・・・29歳のワタクシもよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

春野菜のホットサラダ

春野菜のホットサラダ
先週末までのバタバタのせいでついにダウンした週末・・・わが家の車候補に乗りに行ったにもかかわらずディーラーのソファでダウンし、昨日までほぼ寝込んでいました。今も声変わりの時期の男の子みたいなしゃがれたハスキーボイスです(苦笑)

というわけで、今日は15分でできる(お手軽)ホットサラダをつくってみました♪

■レシピ(1〜2人分)
・フライドポテト(冷凍)100g
・いんげん3本(3分の1に刻む)
・ベーコン4枚(適当な大きさに切る)
・オニオン(4分の1をスライスする)
・サニーレタス(1、2枚をちぎる)
・粒マスタード(小さじ2)
・塩胡椒(適宜)
・レモン汁(瓶のもの、少々)
・バター(少々)

■作り方
①アルミホイルに冷凍ポテト敷いて、オーブントースターかコンロのグリルで12分温める。
(カリッとさせたい場合はフライパンで炒めてもいいかもです)
②電子レンジでラップをせずにベーコンを1分温める
③電子レンジでラップをしていんげんとオニオンを1分半温める
④サニーレタスをお皿に敷いて、温めた①〜③を中心に盛り、塩胡椒、レモン汁をふる
⑤バターを電子レンジで30秒程度温めて溶かし、レンジから取り出してから粒マスタードを混ぜ、④にかけて出来上がり♪

仕上げに白ワインビネガーか、バルサミコ酢をパッとかけても美味です☆

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »